Mさんはこんなトラブルに!

式会場も決めて、案内も出しました。中には余興をやってくださるお友達もいるでしょう。スピーチをやってくれる方も見つけました。ここまでやればもう大丈夫と思っている方、要注意です!

「なんで?もう何も心配なことはないでしょう。」

そう思いますよね。ここでは、結婚式の時期によくあるエピソードを踏まえながら学習していきます。

M君の場合・・・28歳のMさんは、3年交際した彼女と結婚を決めました。半年後に結婚式を挙げるMさんは、既に結婚式を挙げている友達や会社の先輩からのアドバイスを受けて慎重に計画をこなしています。

ところが、結婚式の一週間前にスピーチを頼む友人が事故に遭いました。しかも、会社の先輩も、親族の不幸で欠席となりました。このことで、違う人間にスピーチを頼もうとしても時間がありませんでした。

彼は、泣く泣くスピーチの時間を削除して、披露宴のプログラムを修正することになりました。

このように、計画通りにやっていても参加者のアクシデントで、予定が崩れることになります。一番怖いのが自分自身の怪我や事故です。これでは、元の子もありません。少々のアクシデントがあっても気をつけながら結婚式をうまく運営しましょう。